諦めかけていた抜け毛・薄毛。【抜け毛 シャンプー】で取り戻そう!

 

このサイトの管理人です。男性、年齢は40代後半。

この年代になると、どうしても髪の毛が気になります。何気なしに鏡をみて、「薄くなったなー」「最近、やたらと抜け毛の量が多くなったような気がする。お風呂の排水溝に溜る髪の毛の量も、最近では、半端なく多いし!」

「昔の若かりし頃の自分って、結構ふさふさしていたのに・・・」

 

このように自分で何となく抜け毛や薄毛のことが気になる場合もありますし、久々に会った友人から、「だいぶ薄くなったね」と言われると、ドキーっとしますよね。

 

男性が有る程度歳をとって、抜け毛や薄毛を気にするようになるというのは、当たり前のような気がしますが、もっと深刻なのは、20代や30代の若い方の間で、最近、抜け毛や薄毛で悩む方が増えてきているということ。

また、最近では、若い女性の間でも同様の悩みを持っておられる方が増えてきているという話も聞きます。

 

色々と調べていると、抜け毛や薄毛の原因には幾つかあるようです。

人それぞれ抜け毛や薄毛の原因が違ってきますので、予防するにも、まず原因が何処にあるのかを調べることが大切!

 

食事や生活習慣に思い当たることがあれば、そこから改善していくことによって抜け毛や薄毛が改善されることもあるでしょうし、シャンプーのやり方を変えただけで良くなったとう話も聞きます。

 

また、今お使いのシャンプーを本サイトでご紹介する「抜け毛ケアシャンプー」に変えたことで、抜け毛や薄毛が気にならなくなったという方もいらっしゃいます。

 

「食事」、「ストレス」、「喫煙」、「生活習慣」、「シャンプーの仕方」、「シャンプーそのもの」・・・

 

まず、ご自身の抜け毛や薄毛の原因を探ってみましょう。そして、思い当たる節があれば、手軽に対応できるところから改善していきましょう。

 

「頭皮」の状態が宜しくないのでは?と思う所があれば、シャンプーを変えてみると意外な発見があるかもしれません。

 

栄養分や水分の少ないやせた畑で良い野菜は収穫できないように、髪を作る頭皮の組織がしっかりしていないと、きれいで健康な髪は育ちません。

頭皮が気になる方は、まず、健康な頭皮の組織作りが先決です!

 

シャンプーを変えて、正しいシャンプーの仕方を実践していくと、抜け毛や薄毛が気にならなくなるかもしれません!

抜け毛 シャンプーおススメランキング

健全な頭皮組織作りには、

頭皮ケアに重点をおいた「抜け毛ケアシャンプー」が不可欠です。

 

以下のランキングは、ネット上での人気度や口コミの内容をベースにしたものです。

 

ただ、頭皮や肌に直接触れるシャンプーがご自身に合うかどうかは、肌質には個人差が

ありますので、実際に使って試して頂かないとわかりません。

 

抜け毛をケアしてくれるシャンプーを選ばれる際のご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しいシャンプー方法の手順

シャンプーは、1日に何回も洗っているのに、よく洗えてない気がする、臭いが気になるなどの悩みがある人は多いです。これは、シャンプー方法に問題があります。

通常お風呂に入るときは、出かける前でもない限り、髪の毛を念入りにとかしたりはしないですよね。しかし、お風呂に入る前こそ、シャンプーをする前こそ、念入りなブラッシングが必要なのです。

 

念入りといっても、この方法はマッサージという意味合いではなく、髪の毛に絡まったホコリや、他のゴミなどを、きれいに払い除けることによって、髪の通りをよくするためなのです。

決して、シャンプーでホコリやゴミを落とすということではありません。そして、気になる汚れですが、これもシャンプーで落とすものと、お湯だけで落ちるものがあるので、シャンプー前には必ずお湯で、頭をよく洗い流しましょう。この方法で、頭皮の汚れは半分ぐらい落としておくことがポイントです。

 

いよいよ、シャンプー液を使用しますが、よく説明に記されている適量のシャンプーを、直接髪の毛につけて泡立てたりしないことをおススメします。直接つけるのであれば頭皮の部分に、よく泡立てた洗浄剤を揉みこみましょう。

指でのマッサージケアのように頭の汚れを落としていくのです。

指の腹を使うことによって、頭皮を顔のマッサージのように優しくゆっくりマッサージしましょう。このとき痒みに対して、爪でひっかく人もいますが、これは頭皮が傷み、菌が入って炎症を起こしかねないので止めましょう。このような頭皮の肌トラブルは、薄毛に繋がります。マッサージは、頭皮の健康のためにも良く、毎日の洗髪中に頭をマッサージすることは、白髪予防に効果的です。

 

他にもよく、頭皮の後に髪の毛だけを二度洗いしがちですが、頭皮マッサージの泡でついでに洗い流すという感覚で十分です。

ただし泡自体が残ると、やはり肌トラブルの原因になり、ふけや痒みのもとにもなるので気を付けましょう。

正しい洗い方の方法といっても、難しいことをするわけではありません。基本が、ふわふわの泡で、頭の地肌を洗うことが大切になってきます。髪の毛をやさしく洗うのも大事ですが、地肌をしっかりと洗うことも、とても重要なのです。髪の毛で覆われているため、頭の地肌を洗うのは若干大変です。

しかし、その大変な地肌を洗うことこそが、髪の毛を美しく保つためにも大切なのです。

まずは髪を濡らす前に、クシでとかして、からまりなどをといておきましょう。

髪の毛を濡らしてからブラッシングすると、絡まりは取れにくくなります。そのため、髪を洗う前に1回ブラッシングしましょう。髪の毛が絡まったまま洗い始めると、髪を洗うことに力がかかるため、髪が傷みやすくなります。

 

 

扱いにくいくせ毛や乾燥毛の人にあったシャンプーを選ぶ方法!

扱いにくいくせ毛や乾燥毛の人にあったシャンプーを選ぶ方法を書きたいと思います。いくら綺麗にブローしても、少し湿気に当たるといやなボリュームが出てしまったり、髪が爆発してしまうくらい強いくせ毛に悩む人は少なくありません。

髪にうねりや強いくせが出てしまうことで、思うようにスタイリングできないのが悩みです。

髪にくせが現れる原因は、髪の内部の水分不足です。

くせ毛の人は、髪の組織が生えてくる段階で歪んで髪が作られるため、乾燥しやすく、湿気にあたると不規則に組織が膨らんでしまい、強いくせとなって表面にあらわれるのが特徴です。髪が空気中の水分を吸収することで、膨張する部分と乾燥している部分とが混合している状態のため、うねりが生じます。

くせ毛を完全に直毛にする方法は、残念ながら現在のところありません。縮毛矯正を行っても、生えてくる髪までまっすぐにすることは不可能です。

ヘアスタイルが決まらないことは確かに悩みの種ですが、くせを根本から押えるためには、スタイリングよりも髪に水分を補うことが大切です。水分を補給して、くせのボリュームを落とすことができれば、スタイリングも自然としやすくなります。

また、くせ毛の人が髪の乾燥を抑えるシャンプーを選ぶことも大切になります。

空調の効いた室内では、冬の空気が乾燥する季節だけでなく、夏でもクーラーの風で室内の空気は乾燥しています。ある程度年齢を重ねると、くせ毛ではない人でも、髪は乾燥気味になります。年齢を重ねるほどに髪の保湿力も低下するのが原因ですが、パサつきを少しでも押えるためには、シャンプーの選び方を変える方法も効果的です。くせ毛などの乾燥した髪に最も適しているのはアミノ酸系シャンプーです。

髪のパサつきの原因は、タンパク質がダメージを受けたことが原因なので、シャンプーでアミノ酸を補充する方法が有効です。しかも、アミノ酸シャンプーは髪だけではなく頭皮にもやさしいのが特徴です。

ほどよい洗浄力で頭皮に必要な皮脂は落としすぎないことが、くせ毛や乾燥毛を良い状態に保つための効果的なシャンプー方法です。

指を髪の毛に通しながら、地肌までしっかりと、髪の毛を濡らしていきます。まんべんなく地肌を濡らしていく時間は、ほんの30秒くらいです。シャンプーは一度手にとって、よく泡立ててから使います。泡立てることで、髪の毛同士が摩擦を起こすのを防いでくれます。泡立てたシャンプーは、地肌の全体に行き渡るようにします。指の腹の部分を、上手に使ってみましょう。マッサージすると心地よく洗えます。

洗い方は、全体的に丁寧に洗っていきましょう。前際の生え際から、頭頂部を洗い、耳のうしろから後頭部、そして襟足まで、しっかりと洗ってから、キレイにすすいでいきます。ヌルヌル感がなくなるまで、髪の毛と地肌をすすぎましょう。地肌から、髪をかきあげるようにして、残さずにすすぎます。

シャンプーの方法について

シャンプーとは、非常に身近で毎日行うヘアケアです。

毎日入浴時に洗髪するので、常に頭皮や髪は清潔と思い込んでいました。しかしある日、黒いカットソーのトップスを着ていたときに、肩の部分に白い粉の様なものがたくさんついていました。それを親にフケではないかと指摘され、非常にショックを覚えたのを記憶しています。

 

毎日欠かさず入浴時にシャンプーしていたのに何故だろう、頭皮や髪は清潔に違いないと信じて疑わなかったのに、どうしてだろうと頭の中をグルグルとそのことが駆け巡りました。自分の洗髪法に誤りがあったのではないかと思い、美容院で美容師さんに相談してみました。

 

毎日洗髪しているのに、フケが大量に出ることを相談すると、美容師さんは頭皮を洗う際に爪を立てて洗っているのではないか、と言う指摘をしてくれました。

私は几帳面な性格で、徹底して頭皮の汚れを落とそうと、確かに爪を立て強い力でゴシゴシ頭皮を洗っていたことに改めて気づかされました。美容師さん曰く、こうしたシャンプー方法は最も頭皮を傷つけ、正常で健康な毛髪の育毛を阻害する方法であると言われました。

一番良いシャンプーの方法

頭皮を指の腹で軽くプッシュするようにシャンプーすることが大事だそうです。今市販されているシャンプー剤は、非常に洗浄力が良いので、その泡で十分毛穴の油脂汚れも落とすことが出来るそうです。指の腹でプッシュするように揉みこみ洗いすることで、頭皮の血行が非常に促進されるそうです。

 

血行がよくなると、血液が効果的に毛母体に栄養を送り込むようになるので、健康でつやのある髪の発毛や育毛を促すそうです。しかしどうしても脂性の頭皮で、毛穴につまった油脂汚れが気になる場合は、美容院やエステサロンでヘッドスパやシャンプーの施術を受けると良いそうです。ヘッドスパはスチームの力をかりて頭皮の毛穴を開いてから洗髪するので、毛穴に詰まった油脂汚れを根こそぎ取り除くそうです。

 

正しいシャンプー方法でケアをしよう

シャンプーの正しい方法を知り髪を洗うことは、健康な髪の毛と、頭皮のためにも大切なこととなります。

たくさんの量のシャンプーを使って、頭皮をゴシゴシ洗うのが、良い洗い方とは言えません。間違えた洗い方や、過剰な量の洗浄剤を使って洗うと、髪の毛にとっては負担となってしまいます。

正しいシャンプーの方法をマスターして、髪の毛も頭皮も、健やかな状態をキープしましょう。