失敗しない車選び

自分に合った車を選ぼう!

車庫証明の役割と正しい取り方

投稿日 2015年7月22日 10:39 PM | 投稿者 まこ

自動車保管場所証明書は車庫証明とも呼ばれており、運輸支局で車検やナンバー登録をする際に必要です。新車や中古車を入手したときや、引っ越しなどで住所が変わった際に必要な手続きで、警察署で自動車保管場所証明書の交付を受け、運輸支局に提出しなければなりません。
「自動車の保管場所の確保等に関する法律(保管場所法)」により、自動車を保有する人に対して、その保管場所を確保させると同時に、道路などを保管場所として使用しないことを義務付けています。また自動車の駐車に関する規制を強化することで、道路使用の適正化や、道路上での危険防止や道路交通の円滑化を図ることがその目的です。
手続きの際に必要なのは、自動車保管場所証明申請書および保管場所標章交付申請書、保管場所の所在図、保管場所を使用する権利があることを表す書面、そして印鑑を持参の上、窓口で申請手続きを行います。
所定の手数料を納付し、申請の内容が確認された後に保管場所等の調査が行われます。その調査の結果、保管場所としては適切ではないという決定がなされ、その結果として証明書等が交付できない場合でも、いったん納付した手数料は返還されないため、あらかじめ注意が必要です。光と自然

コメントを受け付けておりません。